SOLVED

Serverサービスの機能について

New Contributor

こんにちは。はじめまして。

現在、社内ファイルサーバとしてWindows Server 2016を利用しております。

このなかで、「Serverサービス」が共有フォルダ機能を司っており、これを無効にしたり開始させることで、ファイルサーバの共有フォルダに外部からアクセスできるようになると認識しておりますが、

これ以外のところで「Serverサービス」が、VSS機能による「ファイルの履歴」(以前のファイルの履歴)の表示にも影響を及ぼすことは、あるのでしょうか?

というのも実際に、ファイルサーバに導入している市販のサーバ運用ツール・ソフトウェアが「Serverサービス」の停止・実行を制御しており、これが停止状態にすると、以前のファイルの履歴の表示が消えてしまい(ただし、VSSのシャドーコピーは残っている状態です)、起動させるとしばらくして表示されるようになる挙動が確認されました。これは正常な挙動なのでしょうか?それとも何らかの要因による偶発的な挙動(バグ)なのでしょうか?

ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願い致します。

4 Replies

I'd suggest asking the application developer about expected behavior.

 

 

 

回答ありがとうございます!

”アプリケーション開発者”とは、サーバ運用ツール・ソフトウェアのメーカ―のことでしょうか?
それとも、こことは別のWindowsアプリケーション開発者のコミュニティー・フォーラムということでしょうか?

ちなみに、前者だと、問い合わせた結果、
”仕様上、「Server」サービスに対しては、サービスをON/OFFしているだけで、Serverサービス単体でこの事象が発生しているのであれば、Windows OSの問題である”
と回答されました。
best response confirmed by y_sakai (New Contributor)
Solution

Something here may help.

Volume Shadow Copy Service | Microsoft Docs

 

 

 

ドキュメントを教えていただき、ありがとうございます。

ServerサービスとVSSの「ファイルの履歴」表示との関係性について、明確に記述された文章は見当たらなかったですが、「共有フォルダのシャドウ コピー」のタイトルから、関連性があるように推察することができます。

ただし、共有フォルダの設定を行っていない、通常のWindowsサーバの場合でも、VSS機能のスナップショットを取っていれば、同じ操作で「ファイルの履歴」を表示させることができるので、本当に依存関係があるのかすっきりしない感じが残ります。